戻る > トップ > 赤ちゃんの気持ち

a:780 t:1 y:1

雛人形、五月人形は赤ちゃんの気持ち

こちらのサイトにお越しくださったということは、おめでとうございます。

新しい家族が、増えたのですね!

お父さん、お母さん!
これから、大きくなっていく赤ちゃんは、今一番世話がかかる時期なのです。

1年近くお母さんの体の中にいて、ようやく「 神様が世の中に出て良いんですよ! 」
といって、産まれてきた赤ちゃん。

まだ、何にも分からないのです。
わたしに、ボクに、どんな事が起きているのかも・・・

それで良いんです。赤ちゃんは・・・

お父さん、お母さんの愛情を少しづつ、感じて行くのです。
そして、おじいちゃん、おばあちゃんの愛情もです。

そのご家族の今や主人公様は、お元気に成長なさっておりますか?

ぐずっておりますか?  泣いておりますか?  スヤスヤ眠っておりますか ? 
たまにの、ニコッ!とした笑顔、出初めましたか?

親になると、親の苦労、気持ちが分かるものです。
これをお読みのあなた様も、今感しているのではないのでしょうか?

ですが、「子はかすがい。」と言われています。
一生、あなた夫婦に夢を見させてくれるのです。

頑張る源が、我が子のためとなるのです。

これは、動物の持つ本能だから良い事なのです。

自然な事なのです。
もう既にこの本能をいつの間にか無意識に、表現しているのが赤ちゃんなんです。

雛人形、五月人形は、そんな赤ちゃんから子供、そして大人になるのを見守っていくのです。